サイト規約 サイト管理者

バイナリーオプションやるなら今でしょ!

取引に役立つ移動平均線の見方

取引に役立つ移動平均線の見方

絶対に知っておきたい移動平均線の見方はコレ!

はじめに覚えるべきテクニカルは移動平均線

移動平均線は多くのテクニカル分析手法の根本となっている極めて重要な存在です。移動平均線の概念を知ることで、これから学んでいく更なる高度なテクニカル分析手法もしっかりと理解できるようになるでしょう。

移動平均線とは、特定の期間の終値の平均をチャート上にプロットし、線で繋いでグラフ化したものです。例えば「10日移動平均線」であれば、10日間の終値の平均値を繋げたものになりますし、10分移動平均であれば1分ごとの終値を10分分平均してグラフ化したものということになります。●日移動平均線、という場合は日足が使われ、●分移動平均という場合は分足が使われることが多くなります。また、●時間移動平均の場合は時間足が使われることになります。

相場の動きを把握するのに最適な分析

移動平均線は相場の短期的な極端なノイズを消し去ってくれる役目があります。例えば100円・105円・102円・101円・101円・100円・101円・100円・99円・100円という10日間の値動きがあった場合、この平均値は100.9円となります。生のチャートでは二日目の105円の存在が目を引きますが、10日間という期間でみれば実際に相場はほとんど動いていないことになるわけで、ノイズが消し去られていることが分かりますね。つまり、移動平均線を見ることで本当に相場の方向感が分かりますし、平均をとる期間が長いほどチャートの動きはマイルドになることが理解して頂けると思います。

違う時間軸の移動平均線を複数本同時にチャート上に描画することもできます。この時、短期の移動平均線と長期の移動平均線の動きの違いによって相場が今後上昇するのか下落するのかの予測が出来る場合もありますから要チェックです。

取引の狙うべきポイントはクロス

一番有名な手法はゴールデンクロスとデッドクロスと呼ばれるもので、ゴールデンクロスは短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上へ抜いた場合(上昇シグナル)、逆にデッドクロスは短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下へと抜いた場合(下落シグナル)を指します。ゴールデンクロスの場合は、緩やかに上昇していた長期移動平均線を、急なピッチで短期移動平均線が抜いた場合にその精度が高くデッドクロスの場合は緩やかに下落していた長期移動平均線を短期移動平均線が鋭角にぶちぬいた場合により予測的中率が高まります

移動平均線は簡単ですがとても奥の深い分析手法です。自分なりの時間軸の組み合わせなど、いろいろ試してしっくりくるものを探しましょう。

copyright(C)バイナリーオプションやるなら今でしょ!